乾燥肌のトラブル【洗顔肌トラブル】

肌がカサカサしたり、化粧水がうまく浸透していかなかったり、

毛穴の開きが目立ってしまったり、乾燥肌は肌トラブルを被りやすい肌質です。

 

乾燥肌は、肌の保湿成分が不足している状態ですが、

間違ったスキンケアによって、お肌の乾燥がすすんでいきますよ。

 

スキンケアの基本をきっちりとマスターすることで簡単に改善できたりするので、

もう一度見直してみてはいかがでしょうか?

 

 

『乾燥肌』の原因

皮膚は通常、皮脂がつくる皮脂膜、NMF(天然保湿因子)、セラミドなどからなる角質細胞間脂質の3つの物質がバリアを作り、紫外線などの外部刺激やアレルゲンなどから肌を守り、肌内部の水分が蒸発しない仕組みを作り出しています。

しかし、乾燥肌はバリア機能を壊してしまう原因となります。

肌を外的刺激から守るためにある角質層が乾燥して角質のバリア機能が損なわれると、肌を守ろうとして厚くなります。

この際、急に角質層を作ろうとするために産生が間に合わず、未熟な角質細胞ができてお肌がごわついてしまうことがあります。

乾燥肌の原因やバリア機能が低下するメカニズムは複雑ですが、正しく知ることで、スキンケアもシンプルで効果的になるでしょう。