悠香の茶石鹸「茶のしずく」を乾燥肌・敏感肌の方が使えば・・石鹸評価は?

悠香の茶石鹸「茶のしずく」を取り上げてみました

項目別に私なりに評価していきますね!

成分

潤い・しっとり感

洗い上がりのしっとり感が長続きしますか?

しっかり汚れをとってくれるけれど乾燥したりせずに、潤いが長続きします

お肌がふっくらと潤い感が保たれる効果を実感出来ますか?

毛穴が引き締まるような効果もあり、保水力も十分でお肌のたるみも解消していきそうです

お肌への刺激・肌バリア

洗顔中にお肌への刺激がありますか?

保湿成分、抗酸化成分、整肌成分、引き締め成分など美肌成分たっぷり、ほとんど刺激を感じません

洗い上がりのツッパリ感はどうですか?

ツッパリ感もなく洗い上がりもシットリしていて満足できます

肌荒れの解消は?

ホホバ油などお肌を整える成分も入っているので肌荒れにも効果があります

毛穴・角質ケア

毛穴の皮脂詰まり、黒ずみが解消出来ますか?

毛穴の詰まりもスッキリと解消し、ツルツルでスベスベのお肌になります

しみやくすみ抜けについて

カテキンには、美白効果のあるビタミン C、お肌のの潤いを保つカロチン、アンチエイジング効果のあるビタミンEなど、美肌に欠かせない成分が多く含まれ、シミのケアにバツグンの効果を発揮します

悠香の茶石鹸「茶のしずく」詳しくはコチラから

悠香の茶石鹸「茶のしずく」の口コミと評価は?

成分

悠香の茶石鹸「茶のしずく」は、

茶石鹸のつくりだす泡の優れた弾力性と吸着力のある泡が皮脂汚れや詰まりを吸着し取り除きます。

美肌効果が高いとされる二番茶のみを厳選使用しており、カテキンが豊富です。

カテキンには、美白効果のあるビタミン C、お肌のの潤いを保つカロチン、アンチエイジング効果のあるビタミンEなど、美肌に欠かせない成分が多く含まれており、またメラニン色素の生成を抑える働きもするので美白効果もありシミ対策で高く評価されています

悠香の茶石鹸「茶のしずく」の口コミ
洗い上がりのサッパリ感があるのにお肌がしっとりとの評価が多いです

「ツッパリ感もなく洗い上がりもシットリしていて使用感は良いです。それでいて洗浄力もバツグン」
「洗い上がりは、ツルっとしているのに突っ張り感はありません」
「あらい心地はさっぱりしているのに、つっぱったり、かさかさしたり変な感じがしない」
「しっかりとってくれるけれど乾燥したりせず本当に良いです」
「洗い上がりはさっぱりツルツルなのにしっとり」

美白効果、お肌に透明感が戻ってくると好評ですね!

「洗い上がりも透明感があり肌が白くなっているような気もする」
「毛穴が引き締まり、肌の色も心なしか白くなれたような気がします」

悠香の茶石鹸「茶のしずく」の弱点は
旧茶のしずく石鹸のアレルギー問題(製品に含有される小麦加水分解物により、小麦アレルギーが発症)
がまだ後を引いていますね。新製品は全く別物なのですが・・・

悠香の茶石鹸「茶のしずく」の評価は?

  • 毛穴、角質ケア評価
  • 潤い評価
  • くすみ対策
  • しみ美白対策
  • 肌刺激ケア
  • ニキビ吹き出物ケア
  • コストパフォーマンス

悠香の茶石鹸「茶のしずく」の詳細はコチラから

どろあわわと比較 悠香の茶石鹸「茶のしずく」

「どろあわわ」と悠香の茶石鹸「茶のしずく」を比較してみました。

doroyuuka

洗浄成分比較
悠香の茶石鹸「茶のしずく」は、無農薬農法オーガニック栽培のお茶のエキスに含まれるカテキンがお肌を洗い上げます。
どろあわわは、沖縄のくちゃ(マリンシルト)が、きめ細かい泡になってお肌を洗浄します。

 

泡質比較

  • どろあわわの泡は弾力に富んでおり、泡洗顔の元祖だけあって、濃密さはトップレベルです。
  • 悠香の茶石鹸「茶のしずく」は、きめ細かさ、弾力性、吸着性を兼ね備えています。
 

洗顔比較(洗い上がりの感想)

  • どろあわわは、洗顔するたびにお肌の透明感と潤いが増していくような感じがします。
  • 悠香の茶石鹸「茶のしずく」は、メイクの脂汚れまで落とせます。特に洗い上がりのお肌から、シミが目立たなくなるような感じ!
 

価格的にはどちらがお得?

  • どろあわわは初回半額で 110gで1,489円
  • 悠香の茶石鹸「茶のしずく」シミ対策お試しセットは、60gで2,100円
 

おすすめはどちら?

  • 悠香の茶石鹸「茶のしずく」は、小麦アレルギーを発症する問題がありましたが、今は全く問題ありません。お肌の引き締め効果、シミ対策などには定評があり、どろあわわとは、少し異なるカテキンのチカラを引き出した美肌石けんです。
  • どろあわわは、角質、毛穴ケア、シミ対策は悠香の茶石鹸「茶のしずく」という使い分けが良いかと思います。