乾燥肌トラブルの原因と対策

イラスト肌の一番表面にある角質層(角層)が潤っているかどうかでお肌のキメやなめらかさが決まります。

極端な言い方をすれば、お肌の角質層を保湿することがスキンケアの目的です。

それさえできれば基礎化粧品が1種類でも何の問題もありません。

殆どの方が保湿に関する肌トラブルをお持ちで、如何に保湿が難しいかを物語っています。

お肌の水分は、常に蒸発しているので、空気が乾燥する冬場だけではなく、お肌は年中乾燥しているものです。

健康な肌は肌表面の角質層に約30%以上の水分を含んでいる状態を言います。
この水分量が30%以下になった状態が乾燥肌と定義されます。
そして、水分量が10%になると明らかに肌がガサガサなりツッパリ感などの自覚症状を伴います。
肌はとても敏感になり、水がしみるように感じます。

乾燥肌トラブルの原因は?

加齢による角質細胞間脂質と皮脂の低下や、肌に合わない洗浄剤(石鹸)による肌のバリア機能を破壊していくことが主な原因です。他にも食事や生活習慣による栄養バランスの偏りなども原因とされています。

界面活性剤・合成剤・防腐剤などの化学薬品を長く使い続けることで乾燥肌を悪化させます。

乾燥肌トラブルの対策

対策としては当然、お肌の保湿に尽きます。

お肌の保湿は、水分を補充するというよりも、カラダの中の保湿成分をお肌の外に出さないことが重要です。

保湿=肌が潤うということは肌表面が潤うのではなく、肌内部から潤うことです。
肌が自ら潤う力、つまり肌の中に水分をがっしりとキープするお肌に導くことがとても大事です。

同時に、良質で適度な油分を配合する保湿成分をお肌に補給してあげれば良いのです。

お肌の保湿成分とは
角質細胞間脂質がお肌の保湿をまもる成分です!

肌の表面の角層の角質細胞のあいだにあります。
角質細胞間脂質の40%を占めるのがセラミドという保湿物質です

保湿にはセラミドって皆さん知ってますよね?

赤ちゃんのお肌がプルプルなのは、セラミドの働きで角質細胞間脂質が水分をしっかり肌の内部にキープしているからです。

でも、セラミドは加齢とともに減っていくので、保湿の為にセラミドを補っていかねばなりません。
人間に皮膚のセラミドには約 6 種類がありますが、その中でもセラミド1~3が特に保湿力が高いのでおススメです。

セラミド以外に保湿成分として効果があるのは

 

  • 大豆レシチン
  • ステアリン酸コレステロール
  • プラセンタ
  • 天然保湿因子(NMF)
  • ビタミン A
肌の真皮にもともとある成分として
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • エラスチン

なども保湿成分として効果があります。

油性の保湿成分として
  • アボカドオイル、
  • オリーブオイル
  • ホホバオイル
  • 米ぬか油
  • スクアランオイル

も効果があります。

保湿成分は、いろんな成分が開発、発見されています。

コメントを残す