然(しかり)よか石けんにはジャータイプとチューブタイプがあります

然(しかり)よか石けんは、ジャータイプが主流ですが、チューブタイプもありますよ。

 

ジャータイプでもチューブタイプでも中身・内容量・価格は変わらず、全く同じものです

ジャータイプを見慣れている人は、チューブタイプは別物のように思えますが、案外使いやすいものだと実感されるのではないでしょうか?

 

チューブタイプの良い所

ジャータイプのようにフタを開け閉めしなくて済みます。
キャップをポンとあけて練り石けんをひねり出す要領です。簡単ですね!?

 

ジャータイプの場合、洗顔中に容器の中に水が入ってしまうことがありました。
水が入ると、やわらかくなって品質も変化する恐れもあります

チューブタイプなら、容器内に水が入る心配はないのでお風呂でも洗顔しやすいです。

 

ジャータイプの良い所

然(しかり)よか石けんのジャータイプは存在感があります
いかにも美肌に導いいてくれそうです

 

チューブタイプは最後の方になると固まってしまい練り石けんがでてこないですが、ジャータイプだと、最後のひとすくいまでしっかり石けんを使い切ることができます。

コメントを残す