どろあわわと比較 テンデシカ

「どろあわわ」とテンデシカを比較してみました。

どろあわわ・テンデシカ

洗浄成分比較

洗浄成分の比較

どろあわわは、沖縄のくちゃ(マリンシルト)の超微細な泥が濃密な泡を作り出し毛穴や角質のケアをします。

テンデシカはアミノ酸洗浄剤を炭酸泡に変えてお肌を洗い上げます。

 

泡質比較
どろあわわはパウチタイプで泡立てする必要があります(当たり前ですが)その泡はキメが細かく弾力に富んでいます。

テンデシカは容器を振って容器の上部を押すだけで炭酸泡がででてくる洗顔フォームです。フォーム特有の水気を感じない、人工的な泡質ながら炭酸のパチパチという音がします。

 

洗顔比較(洗い上がりの感想)
どろあわわは洗い上がりのお肌のくすみが取れて顔全体が明るくなり、しっとり感も長続きします。

テンデシカは炭酸泡洗顔が出来る唯一の石鹸で炭酸が弾ける感じが気持ち良く、炭酸洗顔・炭酸パック・ソフトピーリングと3つの事が出来てしまいます。

洗い上がりはとてもサッパリしていてツルツルのお肌になります。

 

価格的にはどちらがお得?

  • どろあわわは初回半額で 110gで1,489円
  • テンデシカも初回半額で 150gで1,600円

どろあわわの方が長持ちするので、価格的にはどろあわわの方がお得かな?

 

おすすめはどちら?

  • 総合的にはどろあわわが優っています。特に、普通肌、乾燥肌の方にはどろあわわをおすすめします。
  • 脂性肌、ニキビ肌の方は、一度、テンデシカを使ってみても良いかと思います。

 テンデシカは唯一の泡洗顔が出来る石鹸でフォームになっているので泡立て要らずで便利です。

コメントを残す