ミネラル成分が作り出す繊細な泡質の洗顔石鹸の評価とランキング

ミネラル成分が作り出す泡

ミネラル成分が作り出す泡は、クレイ系の泡とよく似ていますが、より繊細でクリーミーな泡質が特長です。

泡立ての時間がかからないという事や泡立てネットなしで誰でもが簡単に泡立てが出来ます。(一部の例外を除きます)

ミネラル成分が作り出す泡質の洗顔石鹸をランキングにしてみました

 タナカミネラルソープ

tanakamineral 
タナカミネラルソープの泡質の評価
  • 石鹸を水に濡らせて転がすだけですぐに、モコモコの濃密泡が出来ます。キメ細かさも抜群で、とってもクリーミーで泡がへたれません。
  • この濃厚な泡質はクレイ系の、すこしワイルドな感じと違って繊細で上品な泡です。これとなら、ずっと付き合っていけそうだなと思える最高の泡ですね☆彡濃
  • 泡質を見ればどんな洗い上がりになるかをある程度予想できますが、期待以上の洗い上がり感で毛穴のケアがパーフェクト、潤い感もお肌の内部のしっとり感が違います。私にとって、最高の洗顔石鹸です。
 

 ノンエー

nonn-a 
ノンエーの泡質の評価
  • 泡立てがとても簡単、自然に泡が湧いてくるような錯覚を起こすほどです。
  • キメの細かい弾力泡の秘密はカリ含有の石鹸素地が新たに開発されているらしく、通常の4倍の泡の弾力になっています。
 

 エレクトーレ

electore 
エレクトーレの泡質の評価
  • クレイ系(どろあわわやよか石けん等)石鹸と比べると泡立てに時間がかかります。
  • ミネラルオーレの泡は、キメが驚くほど細かくてモチモチの弾力があるクリーミー泡です。
  • 濃厚という言葉がそのまま当てはまるような密度の濃い泡質です。
 

コメントを残す