クレイ系の弾力泡の泡質を持つ洗顔石鹸の評価とランキング

クレイ系の弾力泡

洗顔石鹸の洗浄成分の中で人気のあるクレイ系の泡は、泡立ちが良くて濃密でクリーミィ、もっちりと弾力のある泡質が特長です。

クレイ(泥)が作り出すキメ細かい泡が、毛穴や角質の狭いところに入り、汚れを吸着して洗い上げます。

洗浄力が優れているので洗い上がりはサッパリします(しすぎる)

クレイ系の弾力泡が特長の洗顔石鹸をランキングにまとめてみました

 

 つかってみんしゃいよか石けん

よか石けん
つかってみんしゃいよか石けんの泡の特長
  • 濃厚で、とってもきめ細かいクリーミーな泡が泡立てネットを使わなくても誰でも、簡単に作れます。
  • シラスパウダーのよか石けんの泡は、押すと跳ね返るくらい弾力があり、肌に吸い付くようなモチモチの吸着泡弾力と粘りが特長です。
  • 手に泡をつけて逆さまに5分間放置しても、泡が下に落ちない吸着力と10分経過しても、泡の弾力性を失いません。
 

 どろ豆乳石鹸 どろあわわ

doroawawa 
どろ豆乳石鹸 どろあわわの泡の特長
  • キメ細かい生クリームのような濃厚モチモチ泡で手を逆さまにしても落ちません
  • 泡の弾力感が凄くて、10円玉を2時間、泡の上にのせておいても泡がヘタレません。
  • 手と肌の間に弾力のある泡があって泡のお肌への密着度がすごくあるのを実感出来ます
 

 なんくるシロ洗顔

nankuru 
なんくるシロ洗顔の泡の特長
  • なんくるシロ洗顔の、弾力のあるモコモコのマシュマロ泡には、クレイ系独特の吸い付くような粘着力があり、クリーミーでキメが細かく、お肌の感触も最高です
  • アセロラが入っているので、クチャ単独よりもお肌への効能は高そうです。
  • 粘着度が高い分、少し泡切れが遅いように思えました。
  • 角質洗浄粒子、モチモチのバブル粒子と毛穴洗浄粒子で出来あがっているので優れた洗浄力を発揮します
 

 沖縄美ら海泥石鹸

okinawa 
沖縄美ら海泥石鹸の泡の特長
  • 見た目や泡立てよりも、実際のお肌への効能を重視していると言っている割に、簡単にモコモコのきめの細かい泡が作れます。
  • 軽い泡との口コミもありますが、十分に弾力もあります。泡の質では、どろあわわに劣っていません。
  • クレイ系の洗顔石鹸は洗浄力が強いので敏感肌の方は、躊躇されていますが、沖縄美ら海泥石鹸なら大丈夫、洗い上がりのしっとり感が違います。
  • お肌にのせると、まるで羽毛につつまれているような感覚との口コミもあるように、やさしく、それでいてしっかりと洗い上げる泡質です。
 

 PGCD石けん

pgcd 
PGCD石けんの泡の特長
  • 結構粘り気のあるきめ細かい濃い泡が簡単につくれます。グリーンクレイを使っているせいか、少し、緑がかった上品な色ですね
  • お肌へ吸着していくようすが良くわかります。洗い上がりはピリピリ感もなく、メイクも毛穴、角質の汚れもしっかりと落ちています。
  • フルーティなリラックスできる香りも好印象です。泡切れが良くさっぱりしている割には、お肌の中から潤うようなしっとり感が残ります。
 

コメントを残す