海藻を使った洗顔石鹸の評価とランキング

海藻を使った洗顔石鹸の評価とランキングをまとめました

海藻はフコイダンやアルギン酸などのヌメリ成分を多く含んでおり、洗顔石鹸に配合されることで弾力と粘りがある泡を作り出して、お肌をやさしく潤おしながら洗浄します。お肌へのやさしさと保湿力はとても良く、海藻を使った洗顔石鹸は、リピートして購入される方が多いです。

海藻を使った4つの人気洗顔石鹸を取り上げて評価してランキングしていきます。

  • 海のNever-ri
  • ラサーナ 海藻海泥 フェイシャル ソープ
  • とわだ石鹸
  • もずの魔法石鹸
  • しまぬくくる コラーゲン配合くちゃ石鹸

これら4つの洗顔石鹸は、キメの細かい泡による洗浄力と洗い上がりのしっとり感に優れており甲乙つけがたいです。
ただ、海藻が取れる産地によって、お肌への効能が微妙に異なっています。

  • 海のNever-ri は三陸海岸の幻の海藻、袋布海苔(ふくろふのり)をつかった驚くべきねばり成分と豊富なミネラルが持ち味です。ヌメリ成分のおかげでお肌にダメージを与えずに泡パックも出来ます。
  • ラサーナ 海藻海泥 フェイシャル ソープは、フランスブルターニュ産のメカブを24時間以内に海藻エキス化して配合しており、お肌への有効成分を10倍以上含んでいます。ハイセレクティブ製法を採用しているのでクリーミーでお肌にやさしい泡で洗顔出来ます
  • とわだ石鹸は、函館産のカゴメ昆布のフコイダンとオリーブオイルがお肌をやさしく、洗浄します。コールドプロセス採用で美肌成分を多く含んでいます。
  • もずの魔法石鹸は、沖縄の伊平屋島原産のもずくを原料にした高分子フコイダンがお肌を潤わせ、保護膜を形成します。超乾燥肌や敏感肌の方におススメの洗顔石鹸です。
  • しまぬくくる コラーゲン配合くちゃ石鹸は、マリンシルト、フコイダン、月桃、加水分解コラーゲンなど、毛穴ケア、保湿、たるみのケアなど、殆どのお肌のトラブルに有効です。
  海のNever-rinever-ri

三陸海岸で育ったプレミアム海藻「ふくろ布海苔」別名“幻の海藻”と呼ばれている貴重な海藻を使っています。粘りがあり、ミネラルが一番豊富な海藻です。

驚くべき粘り気が、毛穴や角質の皮脂汚れを、しっかりと吸着しミネラル成分をお肌に浸透させるので、しっとり、つるつるのお肌になります。

お肌の自然治癒力を向上させ素肌力をつけ、アンチエイジングにも効果があります。

お肌に負担となる成分が含まれていないので、海のNever-riの泡で泡パックで長時間マッサージをしても大丈夫です。

海のNever-riの詳細はコチラ

 

  ラサーナ 海藻海泥 フェイシャル ソープlasana

フランス ブルターニュ産の海泥とブルターニュ産のメカブの海藻エキスの組み合わせで、毛穴汚れをしっかり吸着しながら保湿するので、透明感のあるお肌へ導きます。

ブルターニュ産のメカブは、現地で24時間以内に海藻からエキス化されます。
有効成分を逃がさずに閉じ込めるので、従来比10倍以上の保湿、美肌成分を含めることが出来ました。

メカブには、フコイダンやアルギン酸などのヌメリ成分が豊富にふくまれており、ハイセレクティブ製法と相まって、弾力と粘りがあるキメの細かいクリーミーな泡を作り出します。
100%植物性洗浄成分からなる厳選したオーガニック原料を使っているので、お肌へのダメージや刺激はありません。

ラサーナオリジナルの4種類の天然エッセンスオイルのさわやかな香りに癒されます。

 

 

  とわだ石鹸towada

 

オリーブオイルがお肌を洗浄しカゴメ昆布がお肌を潤します。

カゴメ昆布の成分を敢えてお肌に残すことで、お肌にバリアを形成し内側からも長時間、潤すことが出来ます。
コールドプロセスを採用しており、美容成分を熱で失うことがなく、通常の10倍以上の美容成分を配合することが出来ます。

無添加、オーガニックにもこだわっており、100%無農薬栽培のオリーブから採れるオリーブオイルを使用しているので、残留農薬や防腐剤などの心配もなく、敏感肌の方なども安心してお使い頂けます。

とわだ石鹸の詳細はコチラ

 

  もずの魔法石鹸moz

もずの魔法石鹸は、ガサガサ肌・超乾燥肌の方に絶大な支持がある洗顔石鹸です。

海藻類に含まれるヌルヌル成分(フコイダン)を高分子で抽出(高分子フコイダン)しているので、保護膜を形成してお肌を長時間、潤します。お肌をしっかりガードしてお肌が自ら再生するチカラをサポートしています。更に天然由来の植物成分を配合し保湿力をより高めています。

無添加処方で、お肌への刺激やダメージが極小に抑えているので、アトピーや敏感肌の方でも安心してお使い頂けます。

もずの魔法石鹸の詳細はコチラ

コメントを残す