洗顔石鹸は弱酸性が良いの?

イラスト

 

お肌のpHは弱酸性なので、洗顔石鹸は弱酸性で決まりと思っていませんか?

 

スキンケアを少し勉強すると、
アルカリ性の洗顔石鹸は肌に良くないと思いこんでしまいます。

耳につくCMで「弱酸性、ビオレ♪」

やはり、弱酸性を強調しているんだなと思ってしまいます。

弱アルカリ性の洗顔石鹸は本当に良くないのでしょうか?

 弱アルカリ性石鹸が弱酸性に比べて優れているところは
洗浄力が大きい

毛穴の奥の汚れまで、しっかりと落としてくれます。

毛穴は、肌がアルカリ性になると開き、酸性になると閉じるので、毛穴の奥の汚れや黒ずみを、しっかりと絡み取るには、弱アルカリ性の洗顔石鹸の方が良いです。
弱アルカリ性の洗顔石鹸を使っても、空気中の炭酸ガスによって中和され、すぐにお肌は弱酸性に戻ります。

お肌を甘やかさない

また、お肌が常に、心地よい状態に慣れさせていけば、お肌が自分の自助努力でお肌を改善することを止めてしまいます。お肌の自然治癒能力を高めるためにも弱アルカリ性にしている洗顔石鹸もあります。例えば、美白で注目されているウド石鹸は弱アルカリ性です。

 

 弱アルカリ性の洗顔石鹸の弱点は?
洗顔後にお肌の乾燥を感じやすい

弱アルカリ性は弱酸性に比べて洗浄力が高いです。
従って洗顔後に肌の乾燥をより感じる傾向にあります。

乾燥肌の方には、弱酸性の洗顔石鹸が良いかと思います。

弱酸性の洗顔石鹸は、お肌の中の雑菌の繁殖を抑える働きもあります。

ニキビ肌の方にも弱酸性の洗顔石鹸が適していると思います。

コメントを残す