アミノ酸系洗浄成分とは?

アミノ酸系洗浄剤(成分)は、界面活性剤の中で最もお肌に優しく 刺激が少ないと言われています。

アミノ酸自体は、ヒトの体を構成している成分なので、お肌への親和性は高いので、低刺激です。
一方で、値段が高いので、あまり普及していないのが実情です。

界面活性剤の中で最もよく使われているのが、高級アルコール系界面活性剤、ラウレス硫酸ナトリウムです。

高級アルコール系界面活性剤、ラウレス硫酸ナトリウムは、分子量が大きくて、毛穴の隅まで入っていきません。従って肌表面の汚れは落ちますが、肌内部まで浸透しないので、汚れが残ってしまいます。

イラスト
アミノ酸系洗浄剤(成分)の大きな特長は、「選択洗浄性」

 

 

つまり、いらないものを洗い流し、必要なものを洗い流さないという事。

これを肌に当てはめると、皮脂汚れや古い角質は洗い流しますが、保湿の為の皮膚のバリアや新しい角質は洗い流さないこと。

アミノ酸系洗浄剤(成分)の利点は、
  • きめ細かい泡立ち
  • 適度な洗浄力
  • 皮膚の保湿やバリア成分(アミノ酸、NMF、コレステロール、セラミド)を取りすぎない
  • 目にしみにくい
  • 洗浄力、泡立ちが落ちにくい
  • お肌に残りにくい
  • 洗った後の、きしみやつっぱり感がでにくい

ことがあげられます。

 アミノ酸を使った洗顔石鹸の評価とランキングはコチラ

 

 

 

 

コメントを残す