ピーリングの方法・ケア

イラスト

ピーリングは、肌に溜まってしまった古い角質を取り除き、肌本来の新しい角質を取り戻すことです。

ピーリングの方法は大きく分けて2つあります。

 

  • ピーリング石鹸などの弱い酸を使って肌の表面を剥ぐ方法
  • スクラブなどで皮脂や古い角質の汚れを吸着させる方法
ピーリングの注意点

頻繁にピーリング石鹸を使うことは、その度にお肌に酸を使う事になり、お肌のダメージになるので良くありません。従って、たまにする程度に控えておきましょう。

 

ピーリングの効果を引き出す方法

入浴時に、お肌の血行がよくなり、発汗を促しているときに行うのがより効果的です。発汗していると古い角質も柔らかくなるので、ピーリング石鹸の泡が絡み取りやすくなります。

 

ピーリングの方法

ピーリング石鹸を充分に泡立てて、きめを細かくしてから、泡を顔に乗せて、しばらくしばらく放置します。弱い酸が肌に注がれるので、多少の刺激がありピリピリしてきます。そのまま、放置し続けたら、お肌に良くないので、きれいにすすぎましょう。

 

ピーリング後のケア

ピーリング石鹸を使うことで、お肌から水分が奪われるので、ピーリング後のお肌の保湿ケアや美容成分の補給は、いつも以上に入念に行ってください。ますから、
洗顔後のスキンケアは、いつも以上に入念にする必要があります。

ピーリングとお肌のターンオーバー

お肌の細胞は、通常約ひと月で生まれ変わります。
ピーリングは、お肌のターンオーバーを助ける為に行います。

その為に、古い角質があると、新しい角質が生成しづらいので、しっかりとピーリングケアが必要なのです。
また、ストレスや不規則な生活(睡眠や食生活)で正常なお肌のターンオーバーが崩れると、古い角質が残っていきます。

ピーリングケアをしないとどうなるの?

古い角質が残ると、外見的には、小じわやシミ、毛穴の黒ずみ、クマなどの原因になり、肌呼吸を妨げる為に、皮脂が過剰に分泌され、にきびなどの肌トラブルの原因にもなります。ピーリングは、過剰に行うと、お肌にダメージを与えますが、適度に行う事で、肌をきれいにするのにとても効果があります。

洗顔、パック、ピーリングを同時に行う事が出来るテンデシカという洗顔石鹸があります。

 

コメントを残す